現代アートのルーツを探せ
芸術に触れてみる

日本のシュルレアリスム その1

日本のシュルレアリストとして広く知られているのはられている瀧口修造です。瀧口修造は、自動記述(オートマティスム)を用いて作品を書いています。巖谷國士(いわやくにお)などは、自動記述とその成果を高く評価しています。そして瀧口修造ですが、近代日本を代表する美術評論家でもあり詩人で画家です。

日本における正統派シュルレアリスムの理論的支柱でもあるので、近代詩の詩人とは一線を画す存在でもあります。

瀧口修造(たきぐちしゅうぞう)

1903年12月7日(明治36年)富山県婦負郡寒江村大塚(現富山市)に3人姉弟の長男として生まれました。家は祖父の代から医者の家でもあったので長男として生まれた修造は、当然家業でもある医師を継ぐ長男として期待されていました。しかし、周囲の期待に反するように本人は子供の頃から大の学校嫌いでした。よく家の大黒柱につかまっていたといいます。 ある日父の勤めている病院に連れて行ってもらって、実際の手術の現場を見せてもらったことがありますが、あやうく卒倒しかける有様でした。その帰りの食堂で、父に「医者にはなりたくない」と言うと父は黙って微笑んでいたといいます。そしてその数日後に、父は急死しました。

1921年(大正10年)に富山県立富山中学校(現富山高校)卒業すると、受験準備を理由に上京しますが、翌年1922年(大正11年)に母親のたきが急死します。そして医学部進学を断念して、日進英語学校に通うことになりました。 1923年4月(大正12年)慶應義塾大学予科に入学しましたが、講義より図書館でウィリアム・ブレイク(イギリスの詩人)などを原書で読むこと時間の方が多くなりました。そして関東大震災被災後の12月に大学を退学しています。

持っていた文学書などを売り払っい、自分の中での文学も清算して北海道小樽市の姉の元へ身を寄せることになりました。ブレイクの「無垢なイノセンス」に触発されて、そこで小学校教員でもやって一生を過ごそうと思いますが、どうしてもなることはできませんでした。そして姉と一緒に小さな手芸品店を開こうと模索しましたが、姉や身内の強い説得にあって、1925年(大正14年)に慶應義塾大学文学部へ再入学することになりました。

現代アートとはなんだ

シュルレアリスムを知る

再入学した翌年の1926年(大正15年)に友人の永井龍男(文化勲章受章者)のすすめで同人誌「山繭」に参加します。その同人誌には小林秀雄(文芸評論の確立者)などがいます。

イギリスオックスフォード大学から帰国した西脇順三郎(ダダイズム・シュルレアリスム運動の中心者)に卒業までの間5年間教わっています。西脇から瀧口は西洋の最新のモダニズム詩の運動のことを聞きます。そして西脇の自宅でダダイズムやシュルレアリスムを知ることになり、アルチュール・ランボー、アンドレ・ブルトン、ポール・エリュアールなどを原書で読みこんでいき、次第に影響を受けていきました。

1927年(昭和2年)に、西脇を中心にシュルレアリスム詩「馥郁タル火夫ヨ」(アンソロジー)刊行して、1928年『山繭』に詩編「地球創造説」を発表して、衝撃を与えることになりました。同年、上田敏雄、上田保、北園克衛、山田一彦、冨士原清一、三浦幸之助たち「衣裳の太陽」発刊して、また詩雑誌「詩と詩論」の同人にもなりました。1929年(昭和4年)に「シュルレアリスム・アンテルナショナル」を提唱しますが一冊のアンソロジーで終わりました。

1930年(昭和5年)にアンドレ・ブルトンの「超現実主義と絵画」を翻訳しました。この本は日本における本格的なシュルレアリスムの最初の文献になります。この翻訳で瀧口は日本における「シュルレアリスムの権威」として美術批評などで徐々にその名前を広めていくことになりました。1931年(昭和6年)慶應義塾大学英文科卒業して卒業した翌年にPCL映画製作所(現在の東宝)に入社しました。そこでは日本で初のスクリプター(記録係)となり、数年間一労働者として働いています。1935年(昭和10年)に妻となる綾子と結婚しています。

太平洋戦争中

1938年(昭和13年)に阿部芳文、永田一脩、今井滋、田中雅夫たちと前衛写真協会を結成しました。『みづゑ』誌上で「マルセル・デュシャン(調革の論理)」を発表しました。

1941年(昭和16年)に、その前衛思想が危険視されることになり、シュルレアリスム系の画家福沢一郎とともに、治安維持法違反容疑で特高に逮捕されて、警視庁杉並警察署に留置を受けることになりました。そしてその後8ヶ月間にわたってシュルレアリスムと国際共産党の関係を糾問されていまする(起訴猶予のまま釈放)。この逮捕をきっかけに、戦前の日本のシュルレアリスムは終息へと向かいました。

戦後は主に評論家として活躍しています。実験工房(※)を主催するとともに、美術評論を数多く著し、戦前に引き続き、旺盛な活動を行っています。マルセル・デュシャンやアンドレ・ブルトンを始めとする海外の作家とも交流を持っていました。

1950年代以降、神田駿河台の「タケミヤ画廊」にて多くの企画展を開催しました。、読売アンデパンダン展の企画運営にも関与することになり、当時の新進の芸術家に自由な表現の場を提供しています。瀧口の活動などによって、1950年代から1960年代にかけて、当時の芸術家の卵たちは滝口に絶大な信頼を寄せるようになりました。

アーティストになりたい方必見

晩年

1952年(昭和27年)に国立近代美術館運営委員となっています。1959年(昭和34年)に欠席した美術評論家連盟の総会で会長に選ばれて2期務めています。1960年(昭和35年)ごろより再び創作活動を再開して、デカルコマニーの制作もおこなっています。

1979年(昭和54年)7月1日に死去しています。瀧口の所持していた一万点にも及ぶ美術資料の数々は、多摩美術大学で瀧口修造文庫として保存されています。

※実験工房とは?

詩人の瀧口修造の下にさまざまな分野の若手芸術家約14人が集まって結成された総合芸術グループ。実験工房という名前は瀧口が名付けています。活動期間は1951年から1957年までですが、正式な解散はしていません。

メンバー

  • 瀧口修造・・・ 詩人 グループのまとめ役
  • 園田高弘・・・ ピアニスト
  • 福島秀子・・・ 美術家 福島和夫の姉
  • 武満徹・・・ 作曲家
  • 湯浅譲二・・・ 作曲家
  • 鈴木博義・・・ 作曲家
  • 佐藤慶次郎・・・ 作曲家
  • 北代省三 ・・・美術家、写真家、造形作家
  • 秋山邦晴 ・・・詩人、評論家(主に音楽)
  • 山口勝弘 ・・・美術家ですが、現在は環境芸術家を名乗っています
  • 駒井哲郎 ・・・版画家
  • 福島和夫 ・・・作曲家 福島秀子の弟
  • 今井直次 ・・・舞台照明、美術家
左トップへ戻る ホームボタン画像 右トップへ戻る